人気ブログランキング |

リレーブログ ~アレックス先生~

Once every other week we practice a Japec test.

I try to put the focus not only on the answer but also to remember the key words.

This way they learn to find the answer even if there are words they don't know yet.

小学生クラスでは年に1度行っている児童英検のための練習を日々練習しています。

主にリスニングテストの過去問題にとりくんでいます。

ただ、答えをだすということだけとらわれず、大事な単語を覚えさせるようにしています。

このようにして、まだ知らない単語でも、覚えながら学んでいっています。

児童英語検定は、2月に行う予定にしています。

1月よりそのための準備を本格的にしていきます。

1年生 6級
2年生 5級
3年生 4級
4年生 3級
5年生 2級
6年生 1級

JAPEC全国児童英語検定を受けます。詳しくご覧になりたい方は、
こちらを検索
a0285570_2341147.jpg
してください。
http://www.japec.jp/hp/

# by rhythmic-school | 2012-10-02 09:00 | English

ハロウィン イベント

ハロウィンイベントのお知らせです。
ハロウィンってなんだろうな?と思っておられる方も多いかと思います。

ハロウィンの語源は「諸聖人の祝日の前夜」を意味し、古代ケルト人の収穫感謝祭に起源があるといわれ、古代ケルト民族の1年の終わりは10月31で、この夜には、死者の霊が親族をたずねたり、悪霊がおりて、作物を荒らすと信じられていました。

そこから秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りが行われるようになり、キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事となりました。

ハロウィンには「Jack-o-lantern」と呼ばれるかぼちゃをくりぬいて顔を作った中に火をともし、これは、死者の霊を導いたり、悪霊を追い払ったりするための、「焚き火」に由来すると言われ、日本のお盆の「迎え火」や「送り火」に近いものがあります。

ハロウィンでは子どもたちが「Trick or treat お菓子をくれないといたずらするぞ」といって近所の人からお菓子をもらう由来は、農民が祭り用の食糧をもらって歩いた様を真似たものといわれています。

この広島で行われるハロウィンイベントは、異文化を身近に体験するとてもいい機会です。
お友達やご家族で楽しめますので、是非参加お勧めいたします。
広島の子どもたち300人くらい毎年集まります。
きっと楽しい思い出となると思います!
a0285570_0131843.jpg

# by rhythmic-school | 2012-10-02 09:00 | りずみっく

コラム ~ネイティブな英語習得は子ども時代に~

子どもは3歳を過ぎると言葉を「意味」として認識するのをご存知ですか?

3歳までは、英語も日本語もなく、言葉を単なる「音」として認識しています。

日本語の意味が固まるほど、英語の意味への変換に時間がかかってしまうため、まだ、耳のやわらかい子ども時代にきれいな発音になじませるのが大切なのです。

中学生になると、子どもは単語や文法についての知識がある程度ついてくるため、使い方の正しさに気を取られ、積極的な会話がなかなかできなくなってしまいます。

また、日本語の口の開き方が「横型中心」なのに対して、英語は「縦型中心」の口の開き方なのをご存知ですか?

長らく日本語を話していると、口の筋肉が「横型中心」のまま硬くなってしまいます。

口の筋肉が硬くならないように、子ども時代に、ネイティブの先生の発音のまねをして、自然に吸収

し、英語を楽しく勉強と遊びをし、中学生の「英語は勉強」となる前に、「英語は大好き」になれた

らいいと思っています。

レッスンで、子どもたちは必ず英語を自然にインプットしています。それを使えるようになる(アウトプット)できるには、個人差がありますが、近い将来、必ずその時がきます。

子どもの未来の可能性に向けて、日々の英語レッスン、楽しく頑張りましょう!

# by rhythmic-school | 2012-09-29 12:37 | English

指の関節強化

今週は、先週の手のフォームに続いて、指の強化する1つの方法を試しました。

a0285570_23323933.jpg
洗濯ばさみトレーニング”です。

洗濯ばさみもいろいろ種類はありますが、まずは、開閉があまり硬いものではなく、やわらかく開閉できる洗濯ばさみからトライしていみましょう。

①洗濯ばさみを開くときにつかむ部分を、親指と人差し指でつまむようにもって、2本の指の力のみで、洗濯ばさみを開きます。

②つかむときに、親指に力は加えないようにしましょう。

③第1関節がへこまないように気をつけましょう。

★この方法で、第1関節が安定していきます。

★洗濯ばさみを全開する必要はありません。

★つまんでいる指以外がつられて動かないようにしましょう。

お家で、洗濯ばさみを見つけたら、第1関節を強化するひとつの簡単ないい方法なので、
トライしてみてください。

# by rhythmic-school | 2012-09-28 20:00 | ピアノ

リレーブログ ~みや先生~ 「どうしていつも左から?」

第三週が終わり、次にお会いするのは10/2.3.4の週ですね!

9月はお買い物をしましたネ(^_^)

いつも、聴音フラッグやお買い物した品物カードを「左から置いて下さい!」と声かけしています。

a0285570_2294776.jpg
2~3歳のお子さんに左、右という指示は難しく、見たままを模倣する時期に、私の正面に座ると反対向きに置かなくてはいけないので難しいですね!

そういう時はお母さんが「こっちが左ね!」といつも何回も教えて下さい。

左から指差しをして視覚的に左から右に慣れて欲しいと思ってます。

なぜか…楽譜は音符や休符が常に左から右に配列され、それを瞬時に読みとっていかなくてはいけません。

2~3歳の時から左から右に目を動かしす習慣をつけて欲しいです!

小さな事を1つずつ習慣にすると色んな事が定着してきますね

そして絵本の時間みんなとても楽しみにしてくれてますね!

今月もお買い物にちなんだ絵本をみんな食いつくように聞いて楽しんでくれて嬉しかったです!

# by rhythmic-school | 2012-09-27 10:00 | リトミック